バルクオムでエイジングケア

スキンケア バルクオム

バルクオムのエイジングケア効果と知っておきたい【肌老化】の3大原因

更新日:

雑誌やSNSで話題にされることの多いBULK HOMME(バルクオム)は、男性に比べ美肌やエイジングケアへの意識が高い女性達が、羨むほどの美容成分を贅沢に配合した、メンズスキンケア化粧品です。

しかし、その天然素材を軸に配合された豊富な成分は、肌の老化に対してエイジングケアの効果が本当に期待できるのかと、気になる30代をはじめ40代・50代の男性もかなり多いのではないでしょうか。

日焼けや乾燥を繰り返し、その殆どがメンテナンスや継続的な手入れのされないまま年齢を重ねた男性の肌は、ダメージを受け続けてきた分これからトラブルも多くなります。

加齢による肌の衰え(肌老化)を遅らせるための様々な対策が「アンチエイジング」ですが

まずは、シワシミたるみくすみといった、加齢の悩みの1つである肌老化の正体を知り理解するところからはじめ、エイジング(加齢)に効果的なスキンケアについて考えていきましょう。

 

 

エイジングケアの前に肌老化の正体と3つの原因とは

全ての人に訪れる肌の老化、肌は外的要因と加齢によりヒアルロン酸セラミドといった潤い成分コラーゲンエラスチンなどの弾力やハリにとって大切な成分が減少し毎日少しずつ老化しています。

この20代をピークにすでに始まっていると言われている「肌老化をもたらす原因と、そのメカのニズムを理解し、肌老化対策として効果的なスキンケアをとり入れ、早めのエイジングケアに取り組み継続していくことが重要なんです。

しかし、肌老化の原因は、まだハッキリと分かっていないことも多く、わかっているものだけでも実に様々です。ここでは、肌老化の最も代表的な3つの原因にフォーカスしてみました。

 

肌老化の原因①:紫外線

紫外線

肌老化の原因の実に80%が、紫外線によるものだといわれています。
いきなり原因の80%ってすごい数字ですよね。でも多くの男性にとって日常的とも言える紫外線による日焼けは、思った以上に肌老化に対し大きく影響しています。

多くの人が、一生のうちに浴びる紫外線の約半分上の量を10代までに浴びてしまっているといわれています。
肌老化の大きな原因である紫外線による日焼けはここから先、しっかりガードしていく必要があります。

太陽光のなかには、目に見える『可視光線』と私達の目には見えない『赤外線』や『紫外線』があり、紫外線は地表に届く光の中でも最も波長の短いものになります。

その紫外線は波長の領域やそれに伴う性質により、UV-A(A領域紫外線)、UV-B(B領域紫外線)、UV-C(C領域紫外線)の3つに分けられています。

UV-C(C領域紫外線)は、空気中の酸素分子とオゾン層によって完全に遮られるため、私達の生活している地表に到達することはありません。

UV-B(B領域紫外線)も完全ではないですが、オゾン層などに遮られるため地表にまで到達する量は減少しています。

UV-A(A領域紫外線)は、UV-BやUV-Cに比べると影響は小さいのですが、その多くが地表にまで到達するため、長時間あたることでの肌など人体への影響が懸念されています。

これら3つの中でも、UV-B(B領域紫外線)は日中、日陰や室内でも明るいように大気中での散乱もかなり大きく、その散乱光の占める割合が非常に高いため人体に有害といわれています。

しかし、日常的に浴びている紫外線の約90%を占めるのはUV-A(紫外線A波)で、雲や窓ガラスを透過し室内に侵入して、波長が長いため肌の角質層や表皮を通り抜け、肌の奥深くの真皮にまで到達します。
そして真皮中の繊維芽細胞を傷つけコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する能力が減少してしまい、シワや、たるみなどの原因をつくり肌細胞は老化していきます。

紫外線による肌老化の代表的なものの1つがシミですが、 紫外線UV-B(紫外線B波)を浴びた肌の細胞内で酸化や老化の原因である活性酸素が発生してメラニン色素を作り出しシミとなります。

メンズ シミ
シミは気になり始める前に予防!40代からのメンズスキンケア

うっすらと、なんとなくしか感じていなかったものが気がついたら濃くなって顔中に!個人差はありますが、20代や30代くらいまでは気にすることもなかった顔の「シミ」。 子供の頃や10代・20代の頃には部活に ...

シミは紫外線を浴びて直ぐにできるものではありません、年々時間をかけ肌の奥に蓄積された紫外線の影響は突然あなたの肌に現れます。

今はシミがないから少しくらい平気と、油断して紫外線を浴び続け年齢を重ねているとある日突然、シミだらけの肌に!ということになりかねません。紫外線への油断は禁物です。

日やけによるサンバーン(肌が赤くなる日やけ)のあと肌が黒褐色になるのは、この紫外線から体を守るメラニン色素が原因となっています。

また、紫外線による日焼けはシミ、シワ、たるみなど特に皮膚薄い目の周りへの影響が強く、肌老化の原因だけでなく皮膚ガンの原因にも深く関係していると言われています。

このような紫外線による肌老化のことを「光老化」といい、通常の老化とは異なりある程度は日常生活で意識的に対策することで、比較的簡単に防ぐことが可能です。

 

エイジングケア:光老化を防ぐためには

紫外線の強い時間帯を避ける。

日陰を利用する。

日傘を使う、帽子をかぶる。

袖や襟のついた衣服で覆う。

サングラスをかける。

日焼け止めを上手に使う。
出典:環境省 紫外線環境保健マニュアル2015

バルクオムの日焼け止め■ THE SUNSCREENSPF40PA+++
男性にとっての使いやすさを考え、汗・皮脂に強く石けんで落とせる低刺激処方の日焼け止めです。

スキンケアと共通配合の美容成分に加え、アーティチョーク葉エキスが紫外線による炎症から来る乾燥トラブルから肌を守ります。

SPF』の表示はUV-B(紫外線B波)を防ぐ効果の指標で最大50+、数字が大きいほどUV-Bを防ぐ効果が高いということになりす。

PA』の表示はUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果の指標で最大PA++++の4段階表示、+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高いということになりす。

バルクオムの日焼け止め■ THE SUNSCREENはSPF40PA+++ですから、散歩や買物などの普段遣いから炎天下でのレジャーやリゾート地でのマリンスポーツなどの長時間、強い紫外線を浴びる過酷な条件下まで効果を発揮し、生活シーンで幅広く使えるサンスクリーンです。

 

ラボ
エイジングケアで光老化を防ぐために日常生活でできることは、紫外線を避けるために日傘を使う、帽子をかぶるなど比較的簡単なことが多いですが、美肌を維持するためにも継続的に対策していくことが大切です。

 

 

肌老化の原因②:乾燥

乾燥

男性の肌も若いときにはもれなくみずみずしく潤いハリがあります。しかし、年令と共に肌の水分量は徐々に減少し乾燥して潤いは失われていきます。

皮脂の分泌量が多くテカっているため勘違いされやすいのですが、もともと男性は皮膚が厚く保湿力は低いため女性に比べると肌の水分量は半分以下と極端に少なく乾燥しています。
そこからさらに、角質層で皮膚の潤いを保っている天然保湿成分(NMF)が、年齢を重ねることにより年々減少していくことでさらに乾燥し、肌老化の主な原因となります。

角質細胞の約30%といわれる天然保湿因子(NMF)は、「フィラグリン」と呼ばれるタンパク質から作られる水分を抱える性質をもった天然の潤い成分です。

この肌の一番外側の『表皮』が自ら作り出す天然の保湿成分、天然保湿因子(NMF)は本来、皮脂膜細胞間脂質セラミドなどと一緒に、角質層を保湿して潤いための大切な働きをしています。

肌断面図

出典:BULK HOMME

肌の最も外側にあり、厚さが平均約0.2mmしかない薄い膜の『表皮』は、外側から『角層(かくそう)』・『顆粒層(かりゅうそう)』・『有棘層(ゆうきょくそう)』・『基底層(きていそう)』の4つの層で構成されています。

そして、表皮のさらに外側の『角層』は、厚さ平均でわずか約0.02mm程度、食品用ラップほどの厚さしかない非常に薄い膜にもかかわらず、外部からホコリや菌など異物の侵入を防ぐバリア機能や、からだ内部の水分が必要以上に蒸散するのを防ぎ、乾燥から保護する保湿機能といった生命活動の維持に大変重要な役割を担っています。

基底層で細胞分裂によって毎日生まれる新しい『ケラチノサイト(角化細胞)』は、時間をかけ少しずつ外側の角層へ押し上げられてそこで、細胞間脂質をはさんで約10~20層ほど重なった内部に「ケラチン」という線維状のタンパク質を大量に抱えた『角層細胞』へと変化します。

※『細胞間脂質』は角層細胞の間で肌の保湿因子『セラミド』を含む脂質が交互に水分をはさみこんで規則正しく何層も重なりあった『ラメラ構造』を形成して角層の働きを支えています。

角層へ押し上げられて角層細胞へと変化したケラチノサイト(角化細胞)は、その後約2週間かけて角層の最も外側まで移動して少しずつ自然にはがれ落ちていきます。
部位による違いもありますが、正常な肌で約4週間(28日)周期で繰り返されるこの新陳代謝のことを『角化』や『ターンオーバーとよんでいます。

約28日周期で繰り返されるはずのターンオーバーの乱れは、角質肥厚や敏感肌・乾燥肌やニキビなど様々な肌トラブルを引き起こし、シワやシミ、たるみやクスミといった『肌老化』の原因となっています。

 

エイジングケア:肌の乾燥を防ぐためには

良質のたんぱく質からアミノ酸を食事で摂り入れる。

必要以上に洗いすぎない。(汚れは落としても皮脂は落としすぎない)

強い紫外線を避ける。

適度な運動。(血行促進)

エアコンによる室内の乾燥を避ける。(アコンの効いた室内は除湿され乾燥しています)

 

ラボ
エイジングケアで肌の乾燥を防ぐために日常生活でできることは、強い紫外線を避ける、必要以上に洗いすぎないなど比較的簡単なこともありますが、適度な運動などは分かっていてもなかなか意識して改善しずらいことでもあります。

 

 

肌老化の原因③:酸化

酸化

体内に取り入れた酸素の約2%分強い酸化作用を持つ活性酸素に変化して脂質と結合し、細胞を酸化させ錆びつかせてしまいます。活性酸素による酸化でダメージを受けた細胞は、真皮中のコラーゲンを硬化させ皮膚の弾力やハリを失い肌老化の原因となります。

活性酸素による影響は、はそれだけではなく血液中のLDLコレステロールを酸化させて動脈硬化の原因にもなるなど様々です。

しかし、活性酸素に対してもともと身体に備わっているはずの抗酸化力は40歳前後から加齢とともに低下し、体内で作られる抗酸化酵素の量も年々減少していきます。

この活性酸素を体内で発生させる要因は単に呼吸によるものだけではなく、紫外線、ストレス、喫煙、睡眠不足、生活習慣の乱れなど、様々なことが分かっています。

 

エイジングケア:肌の酸化を防ぐためには

紫外線に当たることを避ける。

日常的にストレスを溜め込まない。

脂質や添加物の多い食生活を見直す。

禁煙。

質の高い睡眠。(ホルモンの分泌に影響するため肌の再生には重要です)

エイジングケアで肌の酸化を防ぐために日常生活でできることは、紫外線に当たることを避けるなど比較的簡単なこともありますが、やはり禁煙や食生活など、分かっていてもなかなか意識して改善しずらいことも多いです。

 

ラボ
いずれにしても、肌老化を防ぐためには紫外線対策が非常に重要な鍵を握るということがわかります。

 

 

 

男が思っているよりも女性の目は厳しいという事実

女性の厳しい目

市場調査をメインに事業展開するインテージが2015年に東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に住む20~59才の男性ビジネスパーソン800人を対象に行った美容意識のインターネット調査では、自分の見た目年齢をどう思っているかを聞いたところ、20代から50代までどの年代でも「実年齢より若く、年下に見える」と思っている人が最も多いという結果でした。特に50代では45%が若く見えると思っています。

年代が上がるほど見た目年齢の幅は広がるのでは?と思いがちですが、実際には自分のことを“実年齢より老けて、年上に見える”と思う人は年代が上がるほど減り、“実年齢より若く、年下に見える”と思う人が増えるようです。

インテージ調べ

50代45%が、『自分は実年齢より若く見えると思っている』という調査結果には、正直少し驚きました。自分に自信をもつことは良いことだと思いますが、はたしてその自分の見た目への自信は、本当に大丈夫なのでしょうか。

というのも、リクルート Beauty総研の行った「男性美容に関する調査」では、女性は男性の約1.3倍〜1.5倍も身だしなみに関して厳しくチェックしているという結果がでているからなんです。

日頃から職場やプライベートの環境で、男性は自分が思っている以上にその身だしなみを指先から『』に至る隅々まで、女性から『清潔感』という視点から厳しい目で見られているという事実をもっと自覚したほうが良いかもしれません。

年齢を重ねた男の顔に刻まれたシワやシミ、荒れた肌は、日頃接する機会のある女性たちから決して『デキる男』とは見られていません。

自分視点から、鏡に映った自身の顔に刻まれたシワやシミは、カッコよくて、年相応もしくは実年齢よりチョット若く見えるぐらいに感じているかもしれませんが、残念ながら世の女性には確実に老けた印象を与えてしまっています。

肌老化対策の必要性が分かっていただけたら、これからの予防とこれ以上肌にダメージを与えないためにも一日も早くエイジングケアを始めることをオススメいたします。

 

ラボ

肌老化の3大原因をしっかりガードしたら、いよいよここからは『攻め』です!!

男ならやっぱり攻めです、攻撃は最大の防御『攻め肌』を手に入れてやりましょう!

 

 

バルクオムのエイジングへの効果が期待できる成分

BULK HOMME
BULK HOMME(バルクオム)、原材料コストの上限設定をせず、有害な可能性のある成分の使用は避け、男性の肌に必要な成分の品質だけを追求し、天然素材を中心にこだわり抜いた成分を潤沢に使って作られています。

全ての製品に特徴的な7つの共通成分と女性も羨むほどの豊富な美容成分を惜しみなく配合してることが大きな特徴となっています。

 

エイジング効果が期待される成分「リンゴ幹細胞エキス」

リンゴ幹細胞エキス

stevepb / Pixabay

数年前、4ヶ月間腐らないと言われるリンゴの自己再生を続ける特殊な「幹細胞」が世界中で注目されます。

研究された結果「長期保存用」として品種改良されたこのリンゴは、細胞の老化の原因「酸化」を防ぐ「抗酸化」能力が高いことが分かりました。

【奇跡のリンゴ】と呼ばれ4ヶ月間新鮮さを保ち腐らない「ウトビラー・スパトラウバー」はスイス原産の世界に20本しかない
希少品種で、このリンゴから「幹細胞」をとり出して培養、抽出した「幹細胞エキス」が「リンゴ幹細胞エキス」です。

リンゴ幹細胞エキスの細胞成分はIPS細胞と似た働きを持ち肌の細胞の再生に関わっていることが分かっています。

最新のアンチエイジング(抗老化)の分野では、「幹細胞」は近年とくに注目され、化粧品各社幹は続々と幹細胞スキンケア化粧品の商品開発や販売をすすめています。

肌老化の大きな原因である紫外線を浴びることによって生み出される活性酸素を除去してくれるのが「抗酸化物質」です。

バルクオムには細胞の老化の原因である「酸化」を防ぐ抗酸化」能力の高い「リンゴ幹細胞エキス」が、洗顔料・化粧水・乳液をはじめ全部の製品に贅沢に配合されています。

 

バルクオムの全製品に含まれるグリセリルグルコシド

酒造メーカーの白鹿が発見した日本酒由来の希少な美容成分で、持続性の高い優れた保湿効果とメラニンの生成を抑制する働きがあり、メラニンが原因で起こるシミを防ぎ美白効果も期待されています。

日本酒に含まれるグリセリルグルコシドのおかげで、日本酒の杜氏の手は白く綺麗なのだと考えられています。

また、グリセリルグルコシドは紫外線を浴びることが原因でコラーゲンが固まり肌の弾力が失われ、シワやたるみの原因になってしまうことを防ぐ働きがあります。

 

バルクオムの全製品に含まれるユズ果実エキス(ユズセラミド)

ユズ果実エキス(ユズセラミド)はミカン科植物の柚子から抽出されたエキスで、天然フルーツ由来のセラミド成分「グルコシルセラミド」を含み、植物系セラミドの中で最も人の角質セラミドに近く抗炎症作用の他、肌の細胞間脂質を整えることによって水分保持の効果とバリア機能を高めてエイジングケアに効果が期待されます。

 

日本最古の湯 玉造温泉の優れた美肌効果

BULK HOMME(バルクオム)にはなんと、出雲にある日本最古の美肌の湯、玉造温泉の弱アルカリ性温泉水が入っています!

その優れた泉質は、1300年前の出雲風土記で既に認められている保湿効果や美肌効果とアンチエイジング!

>> 玉造温泉の優れた美肌効果とは <<

 

バルクオムとエイジングケアのまとめ

肌老化の原因は様々で、原因の80%と多くの割合を占める紫外線による「光老化」など日常生活で、積極的に対策してガードする事も可能です。

そして、エイジングケアにはリンゴ幹細胞エキスグリセリルグルコシドユズ果実エキス(ユズセラミド)が全製品に配合されたバルクオムを毎日のスキンケアにとり入れ、エイジング(加齢)により失われた肌に必要な成分を外部からしっかりと補い、肌荒れや余分な皮脂の分泌を抑え、シミ、シワ、たるみ、大人ニキビなどの肌トラブルを防ぐことも大切です。

 

 

 

窪塚洋介ブランドアンバサダー就任記念

BULK HOMME(バルクオム)ブランドアンバサダーに窪塚洋介さんが今回就任されたことで、バルクオムが『窪塚洋介ブランドアンバサダー就任記念』と銘打って公式サイトで激安になっています。

BASICコース初回6,100円(税別)が、公式サイトからの購入で、最安値の約91%OFF 500(税別)送料無料 しかも※23日間全額返金保証付き。

その内容は

■ THE FACE WASH / 洗顔料:100g / ¥2,000(税別)・■ THE TONER / 化粧水:200mL / ¥3,000(税別)の2点に、■ THE BUBBLE NET / 泡立てネット:180mm×260mm / ¥600(税別)と■ THE BOTTLE / 詰め替えボトル・200mL¥500(税別)そして■ THE LOTION / 乳液の2g入りのサンプルが2つ。

ということは、いままで公式ページで初回約70%OFFの1,480円(税別)で、販売されていた「肌活コース」と同じ内容のものですね。

70%OFFの1,480円(税別)で、販売されていた「肌活コース」が、『BASICコースと名を変えて今回、通常6,100円(税別)のものが、最安値の約91%OFFの500(税別)送料無料 しかも※23日間全額返金保証付きという事です。

BULK HOMME(バルクオム)は、※2017年9月1日より販売方法の変更がおこなわれており、今回の『窪塚洋介ブランドアンバサダー就任記念』キャンペーン中のBASICコースにも当然、以前の定期コース「スターターキット」のなどにあった「4回縛り」などの購入回数の「縛り」は、ありません。安心して購入できます。

ラボ
注意ポイント:定期購入の初回分受取り後、2回目以降に解約すると、キャンセル料で3,000円(税込)が掛かります。3回目以降の解約にはキャンセル料は発生しません。

詳細は、こちらで確認しておいて下さい。>> バルクオムのキャンセルや解約の方法 

激安でお買い得なのでメンズコスメのバルクオムが気になってた人は、『窪塚洋介ブランドアンバサダー就任記念』の今が最安値で買いですよ。

 

 

 

 

バルクオム最安値
バルクオムを最安値でお試しするならAmazon?楽天?

多くのモデルや芸能人をはじめ一般の女性にも人気の高いBULK HOMME(バルクオム)を最安値で「お試し」するにはどこで購入するのが良いのか、最新の販売状況を徹底的に調べてみました。 まず、しっかりと ...

 

 

-スキンケア, バルクオム

Copyright© バルクオムでニキビは治るのか?リアルな口コミと効果検証でぶった切る , 2018 All Rights Reserved.