バルクオムで加齢臭撃退

エイジングケア スキンケア バルクオム

バルクオムで加齢臭撃退!脂臭が原因のオヤジ臭はスキンケアがマスト

更新日:

そろそろオフィスや通勤時の満員電車など、周りの人と接近する場面でのニオイ、年齢を重ねた自分の「オヤジ臭」が気になり始めた40代前後や50代に突入した男性は多いのではないでしょうか。

一般的には、首や耳の後ろから発せられる「加齢臭」で片付けられることが多いようですが、確かに「オヤジ臭」の中には、皮脂腺の中で生まれる「ノネナール」が原因で50歳代以降に男女問わず顕著化するといわれている「加齢臭」も含まれています。

加齢臭の詳細はこちらの記事でご確認ください

しかし、40代前後の男性特有の「オヤジ臭」は、女性が一番嫌がる酸化した脂のようなニオイ「ミドル脂臭」のほうが、男女問わず発せられる加齢臭よりも強烈で周りのひとが気になるニオイの原因になっていると言われています。

 

ラボ
加齢臭よりも強烈なニオイって。。。!?アレかぁ(汗)

 

 

オヤジ臭の原因女性が嫌がるミドル脂臭

女性が嫌いなミドル脂臭

加齢臭よりも強烈で女性が一番嫌がるニオイといわれる「ミドル脂臭」は、男性の35~45歳頃をピークに主に後頭部からの後ろにかけて発生しています。

その原因は、日本の化粧品メーカーマンダムによって解明された「ジアセチル」という成分で、汗に含まれる「乳酸」を表皮ブドウ球菌など頭皮の皮膚常在菌が、代謝・分解することで発生しています。

この「ミドル脂臭」の原因「ジアセチル」は揮発性が高く口臭や足のニオイより強烈に感じる成分だといわれています。

ミドル脂臭の詳細はこちらの記事でご確認ください

ミドル世代、40代前後の男性は50歳代以降に顕著化するといわれる「加齢臭」と、女性が不快に感じ苦手なニオイ「ミドル脂臭」、そして20代でピークを迎えたまま続いている「汗臭」との3つで「オヤジ臭」を発しています。

 

ラボ
女性が嫌がる不快なニオイ、ミドル脂臭はヤバイね!

 

オヤジ臭の原因「加齢臭」・「ミドル脂臭」・「汗臭」対策

皮脂膜はバリア機能

では、このオヤジ臭の原因、「加齢臭」・「ミドル脂臭」・「汗臭」対策には、「汗」と男性特有の多い「皮脂」の分泌を抑えればよいのでしょうか。

残念ながらオヤジ臭対策とはいえ、必要以上に汗や皮脂を拭い取ったり、過剰に洗浄して洗い流してしまうわけにはいきません。

必要以上に汗や皮脂を拭い取る摩擦で刺激を受けた肌は余計に皮脂を分泌しますし、必要以上に洗浄して洗い流してしまうと乾燥する肌を守ろうとし、よけいに皮脂を分泌してしまいます

また、汗腺から分泌される「汗」と皮脂腺から分泌される「皮脂」は共に、「皮脂膜」というバリアを肌表面に作ることで、肌内部からの水分蒸発と外部からの刺激や細菌などの侵入を防ぎ肌はもちろん人体を守る上で大切な働きを担っています。

この「皮脂膜」は角質層の剥離を防ぐうえでも重要な働きをすることから、肌のバリア機能を保つために「汗」と「皮脂」は、なくてはならない大切な存在といえます。

なので、単純に汗や皮脂を拭い取ったり、過剰に洗浄して洗い流してしまえば解決するというものではないのです。

 

ラボ
オヤジ臭の原因にもなっちゃうけど皮脂は大事なんだな

 

オヤジ臭の原因「加齢臭」・「ミドル脂臭」・「汗臭」対策にスキンケア

バルクオムの洗顔から始めるスキンケア

そこで、オヤジ臭の原因、「加齢臭」・「ミドル脂臭」・「汗臭」対策には、正しい洗顔から始め基本的なスキンケアをおすすめします。

正しい男の洗顔方法はこちらへ

おでこや鼻筋の皮脂分泌の多いTゾーンを中心に、時間が経ち酸化した「汗」と「皮脂」を汚れとともに洗顔で洗い落とす。

Tゾーンと首や耳の後ろを中心に化粧水で水分とセラミドやコラーゲンなどの加齢で失われた保湿、美容成分を補う。

アゴ周りのUゾーンや目の周りを中心に乳液を重ねつけして水分と油分のバランスをとり肌の調子を整えることから始めるのがよいでしょう。

時間が経過し酸化したニオイの元となる古い皮脂と汗を汚れとともに洗顔で洗い落とし、化粧水で水分と保湿、美容成分を補い乳液で水分と油分のバランスを取って肌を整えることで、皮脂膜が形成されバリア機能が正常に働き、肌の乾燥を防ぎ過剰な皮脂の分泌を抑えます。

 

オヤジ臭対策のスキンケアはバルクオムがおすすめ

BULK HOMME(バルクオム)

天然素材を中心に男性の肌に必要な成分品質を追求し、こだわりの成分を潤沢につかって作られているバルクオムで基本の洗顔から始めるスキンケアは、オヤジ臭対策におすすめです。

 

 

40代前後から気になるオヤジ臭対策に必要性を感じている男性の中には、スキンケアにあまり馴染みのない方も多いと思いますが、バルクオムは男性でも使いやすいように考慮された商品開発により、低刺激でサラッとべたつかないつけ心地に仕上がっています。

そして全ての製品に「リンゴ幹細胞エキス」や「グリセリルグルコシド」をはじめ特徴的な7つの共通成分と女性用スキンケア化粧品にも引けを取らない豊富な美容成分を潤沢に配合してることが大きな特徴となっています。

そして女性にも好評な、さりげない「大人の男の香り」、爽やかな「フローラルフルーティーの香り」が配合されています

 

洗顔料(THE FACE WASH)

バルクオムの洗顔料(THE FACE WASH)は弱アルカリ性、配合される栃木県鹿沼市の土からできた「クレイミネラルズ」と「ベントナイト」は、不要な汚れや余分な皮脂の吸着洗浄汚力に優れ、汚れを浮かしてしっかり洗えます。

生石けんの濃厚で弾力のある泡のクッションはまるでベタつかない生クリームのような感触で少しくらいの時間ならヘタるようなことはありません。( 洗顔に使う時間はせいぜい1分~1分半程度でじゅうぶんです

洗顔時の手と肌の摩擦をやわらげ物理的な刺激を減らし、綺麗に洗えて必要な潤い成分はしっかり残っているのが実感でき、肌をいたわりながらスッキリと洗えるところが特徴で、「グリセリルグルコシド」や、肌に含まれる保湿成分の天然保湿因子を含む「加水分解シルク」など、乾燥を防ぐ美容成分でタオルドライ後の顔のツッパリを防いでいます。

洗顔料(THE FACE WASH)の使い方はこちら

 

化粧水(THE TONER)

バルクオムの化粧水(THE TONER)は、潤いを一定に保つ「トレハロース」や優れた保湿効果の「セラミド」などの美容成分を配合し、今までスキンケアに馴染みのない男性であっても使いやすいベタつかずサラッとした感触の使用感にこだわり、「低刺激」に仕上げられた化粧水です。

汗や余分な皮脂を汚れと共に洗顔料(THE FACE WASH)で、しっかりと洗い落とした後は、首や耳の後ろも忘れず保湿効果の優れた化粧水(THE TONER)で、すかさず水分と保湿成分の補給です。

髭剃り後のダメージを受けたアゴ周りのUゾーンから首にかけて、タップリと化粧水(THE TONER)をつかったスキンケアもおすすめです。

化粧水(THE TONER)の使い方はこちら

 

乳液(THE LOTION)

化粧水(THE TONER)でしっかり水分と保湿成分を補給したあとは、すばやく肌になじみバリア機能を助ける働きのある美容成分「スクワラン」の配合された乳液(THE LOTION)で、水分と油分のバランスをとり肌の調子を整えます。

バルクオムの乳液(THE LOTION)は、男性が苦手な乳液特有のベタつきを抑えてサラッとした肌なじみですが、肌質によって使う量を数回に分けて少しずづ調整していったほうが良いです。

乳液(THE LOTION)の使い方はこちら

 

BULK HOMMEでスキンケア、オヤジ臭しらずの枯れない男を目指してみてはどうですか。

 

 

40代のオヤジ臭
40代のメンズが気になる臭いはオヤジ臭?それってミドル脂臭かも?

男40 代、30代から気になってはいたもののそろそろ周りが気になり無視できないのが、身体の「ニオイ」、「オヤジ臭」ではないでしょうか。 世間では、「カレイシュウ」・「加齢臭」と大騒ぎ!?し過ぎなくらい ...

 

 

-エイジングケア, スキンケア, バルクオム

Copyright© バルクオムでニキビは治るのか?リアルな口コミと効果検証でぶった切る , 2018 All Rights Reserved.