40代のオヤジ臭

エイジングケア スキンケア 身だしなみ

40代のメンズが気になる臭いはオヤジ臭?それってミドル脂臭かも?

更新日:

男40 代、30代から気になってはいたもののそろそろ周りが気になり無視できないのが、身体の「ニオイ」、「オヤジ臭」ではないでしょうか。

世間では、「カレイシュウ」・「加齢臭」と大騒ぎ!?し過ぎなくらい、確かに日本人も昔に比べて、臭いに敏感になってきました

化粧品メーカーが行った調査でも40代前後の多くの男性は自分の臭いを気にしているのだとか。

確かに40代前後や50代に突入した男女問わず「加齢臭」が身体から発せられるのは間違いないのですが、40代前後の男性が気にするオヤジ化の象徴でもある「オヤジ臭」、その原因は「加齢臭」だけではなく「ミドル脂臭」にあるかも知れません。

 

40代前後のミドル世代に起こる加齢臭とは

加齢臭

「加齢臭」は、年齢を重ねた誰にでも起こる避けようのない体臭の変化で、何も40代前後のミドル世代から始まる男性特有のものではなく男女を問わず起こるものです。

女性も年齢を重ねれば「加齢臭」は避けようがありません、オヤジ化=オヤジ臭=加齢臭、のように思われがちですが、「加齢臭」は、男性特有の臭いでも特別なものでもないということです。

 

ラボ
「加齢臭」は、オヤジだけの「臭い」じゃないんだな

 

男女問わず発せられる加齢臭ってどんなニオイ?

チーズのような臭い

加齢臭について世間では、押入れや地下室の臭いだとか、チーズのようだとか、枯草のような臭いだとか色々な例えかたをされていますが、発する臭いの強さや特徴も人それぞれですし、臭いには好き嫌いもあり、それぞれ感じ方も例え方も違うため同じ答えにならないのです。

また、他人の臭いには敏感でも、ずっと同じ臭いを嗅いで感覚が麻痺しているため自分の臭いには鈍感になっているので自分の事には気づきにくい傾向にあります。旅行から久しぶりに帰宅したときには、部屋や衣類の臭いが気になるのと同じことです。

案外、気になる他人の臭いより自分のほうが、体臭や加齢臭が強かったなんてことになりがちです。

このように自分の臭いには麻痺しているのでわかりにくいのですが、もし自分の加齢臭を確かめたいのなら、や耳の後ろ、額や鼻筋などをティッシュで軽く拭きとるか抑えたものを嗅いでも臭いを確かめることができますし、いちばん良いのは、あなたの周りにいる男性よりも臭いに敏感な「女性」に客観的に確認してもらうことです。

女性に嗅いでもらう

ラボ
女性の「感覚」は鋭いからね!

 

加齢臭の原因は

体臭自体は、もともと毛穴の皮脂腺から分泌される「皮脂」が、皮膚の常在菌によってエステルやアルデヒドなどの臭いの物質に分解されることで発生しています。

その体臭のなかでも皮脂が「酸化」することが原因で発せられるのが「加齢臭」で、大手化粧品メーカー「資生堂」による研究で、皮脂腺の中の脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生まれる「ノネナール」という加齢臭の原因物質が突き止められています。

一般的に女性よりも男性の方が体臭や、加齢臭がきつく感じられるのは、男性ホルモンの影響など男性特有の皮脂の分泌量の多さが原因といわれています。

加齢臭の原因物質ノネナール

「ノネナール」は、加齢により、酸化に対する抑制力が低下する40歳代以降に、皮脂腺の中で分泌量が増加するパルミトオレイン酸と呼ばれる「脂肪酸」と「過酸化脂質」が結びつくことで、分解・酸化されて急激に作られます。

この皮脂腺の中で脂肪酸と結びつく「過酸化脂質」は、「活性酸素」によって中性脂肪やコレステロールなどの脂質が「酸化」することで生み出され、がんや老化・動脈硬化などを引き起こし、皮膚の細胞を傷つけてシミシワを作る原因にもなります

体内で発生する活性酸素は

活性酸素、呼吸して取り込まれた酸素による代謝の過程で体内に自然発生しています。

シミやシワ、動脈硬化など様々な老化現象をを引き起こすことが知られていますが、体内に侵入した細菌などを攻撃して取り除く「免疫機能」の働きをもつなど身体にとって必要なものでもあり、増えすぎると害になります。

呼吸による自然発生以外で、活性酸素が過剰に発生する増える原因には、紫外線・喫煙・多量飲酒・ストレス・激しいスポーツ・脂質や肉中心の偏った食事・食品添加物の含まれた加工食品など様々です。

ラボ
「肌老化」の原因の80%は「紫外線」と言われているんだ

 

活性酸素の発生を抑えるには

紫外線を避ける

がんや老化・動脈硬化の原因でもある「活性酸素」は体内の「酵素」によって分解されますが、その体内での抗酸化の機能は加齢によって低下していきます

体内の酵素による働き以外では、抗酸化物質が活性酸素の発生を抑えるために有効です。

代表的な抗酸化物質には、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・フラボノイド系ポリフェノール類・コエンザイムQ・カロテノイド・イオウ化合物などがあります。

これらの物質を毎日の食事で、緑黄色野菜・果物、芋類・ナッツ類・植物性油脂・サバ・イワシ・ごま・大豆・玉ねぎ・生姜・緑茶などから摂取するようにしましょう。

その他、日常生活に取り入れられる改善点は

紫外線を避ける

・禁煙

・飲酒の量と回数を控える

・ストレスを溜め込まない

・激しいスポーツを控え適度な運動

・肉類や乳製品を控え偏った食生活の改善

ストレスを溜め込まない規則正しい和食中心の生活が加齢臭の予防に効果的です。

 

ラボ
「和食」は、無形文化遺産に登録された世界中が認めるヘルシーフードだぜ

 

40代前後(ミドル)の男性特有の脂臭

臭いミドル脂臭

40代前後の男性が気にするオヤジ化の象徴でもある「オヤジ臭」の原因には、男女問わず40代以降の中高年全てに起こる加齢臭があり、日常生活で可能な対策もわかりました。

しかし、オヤジ化の象徴でもある「オヤジ臭」の原因は、「加齢臭」だけではありません

古くなった油のニオイやポマードのような酸化した脂っぽいニオイに感じられるものは、40代前後の男性特有の「ミドル脂臭」が原因です。

実は「オヤジ臭」のなかで、男女問わず発せられる「加齢臭」よりも、周りの女性が不快に感じ嫌がるニオイの原因はこの男性特有の「ミドル脂臭」の方にあると言われています。

40代前後、約35~45歳の男性が発生のピークと言われる「ミドル脂臭」は主に後頭部からの後ろにかけて発生し、場所柄自分では気づきにくいのですが、いわゆる自分の枕の脂っぽいニオイと思えばOKです。

その原因は、汗に含まれる「乳酸」を表皮ブドウ球菌など頭皮の皮膚常在菌が、代謝・分解することで発生する「ジアセチル」という身近な成分であることが、日本の化粧品メーカーマンダムによって解明されています。

この「ミドル脂臭」の原因「ジアセチル」は、皮膚の常在菌である「ブドウ球菌」が汗中の「乳酸」を取り込んで代謝・分解して変化する過程でつくり出され、揮発性が高く口臭や足のニオイより強烈に感じる成分だと言われています。

この「ミドル脂臭」の原因「ジアセチル」を抑えるには汗の元である血液、その中の老廃物である乳酸を増やさないことが大切です。

乳酸は筋肉が糖をエネルギーとして使用した際に発生する血液中の疲労物質「老廃物」で、通常ある程度は血液中に含まれ、多くなりすぎると汗や尿と一緒にに体外に排出されています。

このように40代前後のミドル世代の男性は、20代でピークを迎えたまま続く「汗臭」と50歳代以降顕著化するといわれる「加齢臭」に加え、女性が一番不快に感じ嫌がるニオイ「ミドル脂臭」の3つのハーモニーで「オヤジ臭」を奏でています

 

ラボ
そりゃ最高のハーモニーだな!

 

40代前後ミドル男性のオヤジ臭対策は

和食

40代前後ミドル世代の男性の気になる「オヤジ臭」の原因は、「汗臭」と「加齢臭」に加え、「ミドル脂臭」の3つであることがわかりました。

その「オヤジ臭」には、「汗」と「皮脂」と「活性酸素」をケアし、抑えたりて予防することである程度対策できます。

加齢臭の原因物質「ノネナール」を作る活性酸素の発生を抑えるために

・紫外線を避ける・禁煙・ストレスを溜め込まない・激しいスポーツを控え適度な運動・毎日の食事から、ビタミンCやビタミンE・ポリフェノール類・カロチノイド類などの抗酸化物質を摂取する。肉類や乳製品を控え和食中心の食生活への改善・質の高い睡眠時間を確保し規則正しい生活を心がける。

 

「汗臭」と「ミドル脂臭」対策に

・適度な運動など普段から適度に汗をかく習慣をつける。

・汗と皮脂の分泌が多くなるため肥満には気をつける。

・後頭部からの後ろ、背中の中心など普段からできるだけ清潔に保つ。

・毎日の食事で、豚肉・鶏肉・大豆・酢・みかんなどの柑橘類・梅干しなどに含まれるビタミンB1やクエン酸といった乳酸の分解を助ける効果のある物質を摂取する。

首のシワもケア
シワやシミ丸見えで歳バレする首!40代のケアは顔だけじゃない!

男性も首のシワやシミ、たるみが目立つと、さすがに年齢も上に見えて老けた印象を与えてしまいますよね。 逆に首や手が若々しくて肌がキレイだと、実年齢より若くみられると思います。 男性の首って、暑い季節は特 ...

ラボ
結構、やれることはあるよ

 

40代の気になるオヤジ臭まとめ

40代前後ミドル世代の気になる「オヤジ臭」には、「汗臭」と「加齢臭」に加え、「ミドル脂臭」の3つの原因があり、それぞれ食生活・生活習慣の改善によりある程度は防ぐことができます。その対策のための方法や改善する食事内容などは、抗老化(アンチエイジング)にも役立つものが多いです。

ぜひ、これからの生活に取り入れていただいて、足りないものはシャンプーや石鹸、スキンケアグッズやサプリメントなどで補うことをおすすめいたします

 

ラボ
まずは、枯れないためにとりくもう

 

PR:BULK HOMME(バルクオム)

バルクオム出典:BULK HOMME

BULK HOMME(バルクオム)は、「男性の肌」に必要な成分の品質だけを追求し、天然素材を中心にこだわり抜いた成分を潤沢につかって作られています。

 

スキンケアに馴染みのない男性でも使いやすいように考慮した商品開発により、低刺激でサラッとしてべたつかないつけ心地に仕上げています。

全製品にほんのり甘みのある爽やかな「フローラルフルーティーの香り」が配合されています。

全ての製品に特徴的な7つの共通成分と女性も羨むほどの豊富な美容成分を惜しみなく配合してることが大きな特徴となっています。

 

「リンゴ幹細胞エキス」

【奇跡のリンゴ】と呼ばれ、4ヶ月間腐らない希少品種のリンゴからエイジングケアに期待される「幹細胞」をとり出して培養、抽出した「幹細胞エキス」が「リンゴ幹細胞エキス」です。

リンゴ幹細胞エキスの細胞成分は、IPS細胞と似た働きを持ち肌の細胞の再生に関わっていることが分かっています。

肌老化の大きな原因である紫外線を浴びることによって生み出される活性酸素を除去してくれるのが「抗酸化物質」です。

バルクオムには細胞の老化の原因である「酸化」を防ぐ抗酸化」能力の高い「リンゴ幹細胞エキス」が、洗顔料・化粧水・乳液をはじめ全部の製品に贅沢に配合されています。

 

グリセリルグルコシド

酒造メーカー白鹿が発見した日本酒由来の希少な美容成分で、持続性の高い優れた保湿効果とメラニンの生成を抑える働きがあり、シミを防ぎ美白効果が期待されています。

また、グリセリルグルコシドは紫外線を浴びることで、体のコラーゲンが固まり肌の弾力が失われ、シワやたるみの原因になることを防ぐ働きがあります。

 

ユズ果実エキス(ユズセラミド)

ユズ果実エキス(ユズセラミド)はミカン科植物の柚子から抽出されたエキスで、植物系セラミドの中で最も人の角質セラミドに近く、抗炎症作用の他肌の細胞間脂質を整えることによって水分保持の効果とバリア機能を高めてエイジングケアに効果が期待されます。

 

玉造温泉水

島根県出雲市の日本最古の美肌の湯「玉造温泉」その優れた泉質は、硫酸塩・塩化物泉 PH8.4 の低張性弱アルカリ泉で、アンチエイジング・保湿・クレンジングといった美肌効果が期待されるといわれています。 玉造温泉の優れた美肌効果とは

よく温泉に入ると肌がつるつる・すべすべになるといいますが、それは玉造温泉などの弱アルカリ泉の泉質には、古くなった角質を溶かして剥がし、肌がつるつる・すべすべになる「ピーリング効果」があるためです。

 

その他の共通成分

その他の全商品共通成分として以下、3つの成分が配合されています。

■ 加水分解シルク(保湿):保湿作用が期待される成分で、肌や髪に対する吸着性や浸透性に優れた天然のタンパク質です。

■ チャ葉エキス(整肌):植物由来の殺菌・保湿・消臭効果をもつエキスで、抗酸化作用や肌を引き締める効果が期待されます。べビローションなどにも多く使われる成分です。

■ セイヨウシロヤナギ樹皮エキス(整肌):セイヨウシロヤナギの樹皮エキスは消炎作用鎮痛効果効が期待される成分です。

 

フローラルフルーティーの爽やかな香り

バルクオムには、男性100人へのブラインドテストで1位になったフローラルフルーティーの香りが、全製品に配合されています。ほんのり甘みのある爽やかな大人の香りで男性はもちろん、女性にも好まれる香りです。

 

洗顔料(THE FACE WASH)

バルクオムの洗顔料は「弱アルカリ性」で、こだわりの成分を配合した「生石けん」、濃厚で弾力のある泡のクッションは洗顔時の手と肌の摩擦をやわらげ軽減し、必要な潤い成分は残し肌をいたわりながらスッキリと洗えるところが大きな特徴です。

“復活の木”とも呼ばれるミロタムヌシの葉に含まれる「グリセリルグルコシド」や、肌に含まれる保湿成分の天然保湿因子を含む“黄金まゆ”のエキス「加水分解シルク」など、乾燥を防ぐ美容成分で潤いのベールを作り、すっきり洗えてツッパリにくいといった使用感を生み出しています。

 

化粧水(THE TONER)

汚れと余分な皮脂を洗顔料(THE FACE WASH)で、しっかりと洗い落とした後は保湿効果の優れた化粧水(THE TONER)で、すかさず水分補給です。

別名「命の糖」「復活の糖」と呼ばれ、高い保湿性が特徴のオリゴ糖の一種「トレハロース」が配合され、乾燥しやすい男の肌の水分を一定に保ってくれます。

洗顔後の肌に使うことで、ターンオーバーが乱れガサついた肌に、しっかりと水分補給して余分な皮脂の分泌を抑え、弱った肌のバリア機能を高めて乾燥肌アトピー大人ニキビを防ぎ外部の刺激から肌を守ります。

 

乳液(THE LOTION)

化粧水(THE TONER)でしっかり水分補給したあとは、すばやく肌になじみバリア機能を助ける働きのある美容成分「スクワラン」や潤い成分を配合した乳液(THE LOTION)で、水分と油分をコントロールして肌状態を整えダメージから守ります。

潤い成分をたっぷり配合しながらも、サラサラな肌触感を出すように成分比率調整されています。

男性が使いやすいスキンケアにするために乳液特有のベタつきを抑えてサラッとしていますが、使う量は肌質によって少しずづ調整していったほうが良いです。

 

BULK HOMMEでスキンケア 枯れない男を目指してみてはどうですか。

 

 

 

バルクオムで加齢臭撃退
バルクオムで加齢臭撃退!脂臭が原因のオヤジ臭はスキンケアがマスト

そろそろオフィスや通勤時の満員電車など、周りの人と接近する場面でのニオイ、年齢を重ねた自分の「オヤジ臭」が気になり始めた40代前後や50代に突入した男性は多いのではないでしょうか。 一般的には、首や耳 ...

 

-エイジングケア, スキンケア, 身だしなみ

Copyright© バルクオムでニキビは治るのか?リアルな口コミと効果検証でぶった切る , 2018 All Rights Reserved.