メンズ洗顔の正しい方法

スキンケア メンズ洗顔

男は洗顔方法を正しく見直すだけでも驚きのスキンケア!メンズ洗顔

更新日:

多くの男性にとっての洗顔とは、気がついたら毎日やっていた生活習慣であり、汗やホコリなどの汚れや余分な皮脂を洗い落とすことが目的の洗浄ですよね。

おそらく、ほとんどの男性が朝の身支度に始まり、学校や仕事場、そして夜の入浴中など、ほぼ無意識におこなっている毎日の洗浄行為が、生活習慣で身についたメンズ洗顔なんだと思います。

ところが、朝以外なら、部活後や屋外での労働後など汗やホコリで汚れたら洗う、汚れが気になったら洗うといった感じで水や熱いシャワー、時にはスクラブ入りの洗顔料で何度もゴシゴシと洗っていたり、

脂性肌で顔の汚れや汗のニオイが人一倍気になっている人や、度々できてしまうニキビが気になっている人などが、もっとしっかり汚れや皮脂を洗い落として清潔にしたいからと、やっぱり一日に何度も洗顔料でゴシゴシと洗っていたとしたら、

じつは、それ確実に洗いすぎであって、乾燥性敏感肌や皮脂の過剰分泌によるテカリなど、あなたの肌トラブルの原因にもなっているのです。

乾燥した空気、紫外線やホコリなど屋外の過酷な環境下での労働も多い男性の肌は、丈夫に出来ていると思われがちですが、本当は私達が思っている以上にとてもデリケートにできています。

もしも、あなたがニキビや乾燥による肌荒れ、敏感肌やテカリ・シミ・シワなどの肌トラブルを感じているなら、特別なスキンケア以前にまずは、これまで当たり前に無意識におこなってきた毎日の洗顔を見直すことがとても重要です。

ここでは、これからの肌トラブルの予防に男の正しい洗顔方法を紹介していきます。

 

洗顔方法を見直す前に男の肌を知ろう

男の肌とは

洗顔を改める前に、今後の日常的なスキンケアのためにも「男の肌」について少し知っておきましょう。

きっと、何十年も毎日付き合ってきた自分の肌なのに知らないことや意外なことが、いっぱいですよ。

男の肌はインナードライ

男の肌は、男性ホルモンの一種、「テストステロン」の肌を厚くする働きにより、女性に比べ皮膚は約1.2倍から1.3倍、表皮で約0.5mmほど厚くできています。

そして女性の約2倍から3倍の量の皮脂を分泌していますが、保水力は低く水分量は女性の半分以下と極端に少ないのです。

そのうえ、毎日のシェービングによって自らダメージを肌へ与えていることもあり、角質層のバリア機能低下してさらに肌が乾燥しています。

このように男の肌は、女性に比べると厚くてキメが粗く紫外線など外部からの刺激には強いのですが、表面は皮脂でテカっていても肌内部は水分不足で乾燥したインナードライ肌なんです。

どうですか、意外に男の肌って本当はとてもデリケートにできてることが、分かってもらえたと思います。

では、ワイルドな男たちの「デリケートな肌に」最適な「正しい洗顔方法」をご紹介します。

 

男の洗顔!正しいメンズ洗顔の方法とは

手を洗う

正しいメンズ洗顔方法」といっても、それほど特別なことなど何もありません簡単です。

今まで毎日習慣的にやってきたことを正しい方法に見なおすだけで、あなたのデリケートな肌の状態も改善されてトラブル予防にもなるので、ぜひ今日からあなたの洗顔方法を変えて続けていきましょう。

 

1.まずは洗顔の前に手を綺麗に洗う

はじめに手の汚れや雑菌を綺麗に洗い流してからスタートしましょう。

雑菌や汚れが付いた手で顔に触れたり、泡を作ったりといったことがないように。

手洗い自体は洗顔以前に当たり前のことでもありますが、汚れたままの手ではせっかく洗顔料で作った泡も、大半が手の汚れや雑菌を浮かせて取り除くことに使われてしまいます。

 

2.ぬるま湯で顔を軽く洗い流す

32℃前後のぬるま湯で軽く顔を洗い流す程度でOKです。

洗顔料の泡をのせる前に顔を軽くぬるま湯で洗い流すことで、肌表面についているホコリなどの汚れや雑菌、汗を落とします。

くれぐれも熱っいシャワーを使ったり、今までの習慣で勢いに任せバシャバシャ、ゴシゴシ擦ったりしないように。

 

3.洗顔料を念入りに泡立てる

洗顔料をきめ細かい弾力のある泡にするためには水の量も大切ですが、空気をたくさん含ませてたっぷり念入りに泡立てるようにします。

きめ細かい適度な弾力の泡は、顔と手のあいだのクッションになり、手による肌への摩擦の負担を緩和します。

きめ細かい弾力のある泡をつくるには、市販の泡立てネットを使うのが一番手っ取り早くておすすめです!

 

4.正しい男の洗顔

皮膚が強く皮脂の分泌が多い額と鼻筋のTゾーンから泡をのせて、手と顔の間の泡の弾力を感じながら、肌の上で優しく円を描いて転がすように手をクルクルとまわして汚れとなじませていきます。

次に頬や顎のUゾーン、最後に皮膚が薄くて繊細な目元や口元を同じように泡をのせて、肌の上で優しく円を描いて転がすように手をクルクルとまわして汚れとなじませていきます。

洗顔料のきめ細かい弾力のある泡は肌にのせるだけで汚れを浮き上がらせてくれますから、くれぐれも勢いに任せてゴシゴシ擦らないようにしましょう。

ワイルドな男の肌は「デリケート」、忘れてはいけません。

洗顔の所要時間は1分〜1分半でじゅうぶんです。

 

5.すすぎは、しっかり念入りに

フェイスラインや髪の生え際に泡が残らないようにしっかり念入りに洗い流す。

洗顔料が肌に残らないようにすすぎは最低でも20回~30回位すすぐようにしましょう。

しっかり流しきれていないと、顔に残った洗浄成分がニキビの原因「アクネ菌」の餌になってしまい肌トラブルを引き起こします。

しっかりといっても、くれぐれも今までの習慣で勢いに任せてバシャバシャ、ゴシゴシこすったり、熱っいシャワーで直接洗い流したりしないようにしましょう。

 

6.優しくタオルドライ

清潔なタオルで、肌を優しくそっと押さえるように水気をとります。

男性に多いガビガビに固く乾いたタオルで擦るように拭くのは、あなたの肌のために今日からもうやめましょう。

タオルドライは優しくおさえるだけでじゅうぶんです。

 

7.最後にしっかり保湿

洗顔後は乾燥を防ぐため直ぐに化粧水や角質細胞間脂質のセラミドや保湿成分のヒアルロン酸コラーゲンなどの配合された美容液、乳液でしっかり保湿しましょう。

皮脂の分泌が少なく乾燥が気になる目元や口元には油分を与えるクリームを薄くなじませるのがおすすめです。

 

8.一日の洗顔の回数とタイミングは朝と夜の2回

今までほとんどの男性が無意識に毎日やっていた洗顔ですが、ここまで紹介してきたように正しく見直すと言っても「洗顔の前に手を綺麗に洗う」だとか「勢いに任せてゴシゴシ擦らないで優しく転がすように汚れとなじませる」など、決して難しいものではありません。

しかもニキビや汚れ、汗のニオイが気になり清潔にしたいからといって、一日に何度も洗顔料でゴシゴシと洗っていたら確実に洗いすぎで、肌トラブルの元となります。

理想的な一日の洗顔の回数とタイミングの目安は、朝と夜の2回、それでじゅうぶんなんです。

多くの男性にとって、気がついたら毎日やっていた生活習慣である洗顔ですが、正しいやり方に見直すだけで、肌への効果は期待以上のものとなります。

それでは、今日から早速正しい洗顔にチャレンジしてみてください。

 

メンズ洗顔料のおすすめは

バルクオム

普段からカミソリ負けしては肌が赤くなり、乾燥してガサついている割に鼻周りやおでこはベタついて常にテッカテカの残念な肌状態だった筆者が、一度使ってから手放せなくなり愛用中のおすすめのメンズ洗顔料は、BULK HOMME(バルクオム)

モデルや芸能人、美容師の方々に愛用者が多く女性にも人気の高い“こだわりの成分”配合の洗顔料です。

BULK HOMME(バルクオム)で実際に洗顔してみると分かりますが、タオルドライしたあと顔がツッパっているなんてことにはなりません、綺麗に洗えて潤いはしっかり残っているのが実感できます。

 

窪塚洋介ブランドアンバサダー就任記念

2018年5月 ブランドアンバサダーに窪塚洋介さんが今回就任されたことで、バルクオムが『窪塚洋介ブランドアンバサダー就任記念』と銘打って公式サイトで激安になっています。

BASICコース初回6,100円(税別)が、公式サイトからの購入で、最安値の約91%OFF 500(税別)送料無料 しかも※23日間全額返金保証付き

矢印

 

 

 

バルクオム最安値
バルクオムを最安値でお試しするならAmazon?楽天?

多くのモデルや芸能人をはじめ一般の女性にも人気の高いBULK HOMME(バルクオム)を最安値で「お試し」するにはどこで購入するのが良いのか、最新の販売状況を徹底的に調べてみました。 まず、しっかりと ...

 

 

-スキンケア, メンズ洗顔

Copyright© バルクオムでニキビは治るのか?リアルな口コミと効果検証でぶった切る , 2018 All Rights Reserved.