メンズ シミ

スキンケア

シミは気になり始める前に予防!40代からのメンズスキンケア

投稿日:

うっすらと、なんとなくしか感じていなかったものが気がついたら濃くなって顔中に!個人差はありますが、20代や30代くらいまでは気にすることもなかった顔の「シミ」。

子供の頃や10代・20代の頃には部活に始まり、海にでかけてはかまわずいや、どちらかといえば積極的に日焼けして・・・、焼けた肌は元気の象徴!などと思っていましたが、今となれば肌にとって自殺行為ですよね。

その殆どが雑に扱われ、手入れのされないまま年齢を重ねて30代をすぎ40代にさしかかった男の肌、あなたも気がつくと急に顔中に茶色や黒っぽいシミが増え始めて焦りはじめているのではないでしょうか。

さすがに顔中にシミが増え始めると老人のようですし、周りにもいっきに年老いた印象を与えてしまうので気になってしまいますよね。

バルクオムでエイジングケア
バルクオムのエイジングケア効果と知っておきたい【肌老化】の3大原因

雑誌やSNSで話題にされることの多いBULK HOMME(バルクオム)は、男性に比べ美肌やエイジングケアへの意識が高い女性達が、羨むほどの美容成分を贅沢に配合した、メンズスキンケア化粧品です。 しかし ...

一般的に顔にできた元の肌色とは違う茶色ぽい色素斑を「シミ」と呼んでいますが、紫外線の影響で頬の上などに出来たシミの「老人性色素斑」やニキビ跡など、シミの種類もその対策も様々です。

ここでは、ワイルドに生きてきた男達が、30代をすぎ40代にはいって急に気になり悩み始めるシミについてメンズスキンケアの視点からみていきましょう。

 

40代を過ぎた男の顔に現れるシミの多くは紫外線が原因

紫外線

一般的にいわれている「シミ」の多くは、日光の紫外線による影響が原因の日光性黒子とも呼ばれている「老人性色素斑」です。

肌老化の原因の80%が、紫外線によるものだといわれていますが、「老人性色素斑」は紫外線を浴びてすぐに肌に現れるわけではありません、紫外線によるダメージが年齢と共に何十年と少しずつ時間をかけて肌の奥に蓄積し突然あなたの顔に現れます。

 紫外線UV-B(紫外線B波)を浴びた肌の細胞内で酸化や老化の原因である活性酸素が発生して、肌を守るために作りだされたメラニン色素が蓄積されたのち、ターンオーバーによって肌表面に押し出されてシミとなります。

早ければ、20代や30代過ぎた頃にはシミが出始める人もいますが、本来健康な人の肌なら約28日周期のターンオーバーによって肌の外側へと押し出されて薄くなります。

しかし、加齢や紫外線、ストレスや睡眠不足などによってターンオーバーが乱れた場合、茶褐色のシミが肌の表面に残り「老人性色素斑」となってしまいます。

このように多くの男性にとって子供の頃から日常的で、気にすることの少なかった紫外線による日焼けは、思った以上に肌老化の1つである「シミ」に対し大きく影響しています。

老人性色素斑への対策は

老人性色素斑は紫外線による影響が原因なのですが、多くの人は一生のうちに浴びる紫外線の約半分上の量を10代までの間に、すでに浴びてしまっているといわれています。

今はシミがないからと、油断して紫外線を浴び続けていると40代を過ぎたある日突然、シミだらけの顔に!ということになりかねません。紫外線への油断は禁物です。

ガンガンに日焼けしてワイルドに生きてきた男の肌もここから先は、しっかり紫外線をガードしていく必要があります。

 

老人性色素斑は目の周りの頬などにはじめは、薄い茶色の丸い色素斑が現れ徐々に濃くなっていきます。

ごくごく薄い初期の老人性色素斑なら、ビタミンC誘導体など厚生労働省が承認する美白有効成分の配合された男性用スキンケア化粧品やシミ消しクリーム、ピーリングにより古い角質を落とすことで効果が得られる場合もあります。

メラニン色素の生成を抑え抗酸化作用のあるビタミンC誘導体などの美白有効成分は、できればシミ・そばかす予防のために20代・30代から使いはじめるのが良いでしょう。

そして、時間が経過し濃くなってしまった老人性色素班や、もりあがりイボのようになった「脂漏性角化症」は、レーザー治療でとってもらうしかありません。

 

ニキビやキズ痕の茶色いシミ

ニキビやキズの痕が茶色くなって残ったシミは「炎症性色素沈着」といい、そのまま放おっておいても時間が経てば次第に薄くなり自然に消えるものもあります。

ただ、キズの具合や個人差もありますが、約2~3年またはそれ以上と時間が掛かる場合もあるためその間に日焼けしてしまい痕が残ってしまうこともあります。

炎症性色素沈着への対策は

痕が茶色いシミなって残った「炎症性色素沈着」には、肌のターンオーバーを早めるための「ピーリングに、ビタミンC誘導体など厚生労働省が承認する美白有効成分の配合された男性用スキンケアを併用することで、早期の効果が得られる場合があります。

 

 

男の「シミ」・スキンケアまとめ

紫外線を浴びない

ニキビ痕やキズ痕の茶色いシミ「炎症性色素沈着」は、自然治癒かピーリングで消える場合もありますが、紫外線が原因の「老人性色素斑」は、ごく初期の薄いシミなら、美白有効成分配合のスキンケ化粧品、濃くなったシミやイボのようになった「脂漏性角化症」は、レーザー治療しかありません。

これからできることは、10代までの間にすでに浴びてしまった、一生のうちに浴びる紫外線の残りの半分をしっかりガードしていくことと、ビタミンC誘導体など厚生労働省が承認する美白有効成分の配合された男性用スキンケ化粧品での日頃からの予防です。

この紫外線ガードとスキンケでの予防で、これからのあなたの肌老化を防いでいくことが可能です。

 

 

 

-スキンケア

Copyright© バルクオムでニキビは治るのか?リアルな口コミと効果検証でぶった切る , 2018 All Rights Reserved.