顔が臭いのはスメハラ?

エイジングケア スキンケア バルクオム

顔が臭い男はスメハラか?臭いが気になるミドルはバルクオムで洗顔

更新日:

顔が臭いってだけでスメハラか?って密かに憤りながらも、ふと自分の加齢臭が気になる40代前後や50代に突入した男性は多いと思います。

でもその中で、なにげなく「自分の顔が臭いな」と、自らの臭いを感じとった奇跡のような男性は少ないでしょう。人は皆、他人の臭いには敏感に反応しても自分の臭いには、慣れてしまっているため鈍感なようですから。

 

ラボ
スメハラ=スメルハラスメントは、「臭いで周囲を不快にさせる嫌がらせのこと」なんだ?!知らなかったし!

 

でも、あなたが「加齢臭」が気になっている40代前後の男性なら、自分の「顔が臭い」かもしれないと疑ってみるのは良いかもしれないですよ。

 

オヤジ臭や顔が臭いのはスメハラなのか?

オフィスでの臭い

2017年、株式会社マンダムが東京・大阪で働く25~49歳の男女1,028名を対象に行った調査「職場での周囲の身だしなみで“どうにかして欲しいこと”」では、

1位:体臭・2位:口臭と、職場での他人の身体から発せられる「臭い」がワンツーフィニッシュしています。

身体から発せられる臭いは、生理的なものでもありますが「生理的」の言葉の意味には、

①:からだの機能や組織に関するさま。(生理的な現象)

②:理屈ではなく本能的であるさま。(生理的に嫌悪する)

この2つがあります。

生理的に無理な男性とは?」という内容で、女性を対象に別のところで行われたアンケートでは、「体臭・口臭・オヤジ臭・臭い男性すべて」という手厳しい回答が寄せられていたりします。

 

ラボ
俺は「生理的に無理」って平気で言っちゃう女性が「生理的に無理」けどね

 

電車内で他人の服から発せられる柔軟剤のキツイ臭いスメハラ談義になるなど、世の中がニオイに対して敏感になってきたことは確かなようですね。

 

加齢臭は気になってるけど顔も臭いのか?

顔も臭いのか

このように、世の中の他人の臭いに対する感じ方をみると、加齢臭が気になっている40代前後や50代に突入したミドル男性なら、自分の顔が臭いかどうか疑ってみたほうが良いかもしれません

なぜなら、あなたの気になるオヤジ臭には「顔の臭い」に直結する「汗」と「皮脂」と「酸化」が関係しているからなんです。

40代前後の「オヤジ臭」は、3つの臭いのスペシャルブレンド

40代前後のミドル男性の「オヤジ臭」は、主に「汗臭」・「加齢臭」・「ミドル脂臭」の3つの臭いがブレンドされています。

 

・汗臭:

体中の汗腺から分泌された「汗」と皮脂腺から分泌された「皮脂」とが混ざり合い、皮膚の常在細菌によって代謝・分解することで酸っぱい臭いなどの不快な「汗臭」が発生します。
10代~20代の新陳代謝が活発な時期にピークを迎えたまま続くのが「汗臭」ですが、意外なことに99%が水分の汗自体は、汗腺のろ過機能がうまく働いていれば、皮脂と同じく分泌された直後は無臭です。

・加齢臭:

皮脂が酸化することでつくり出される「ノネナール」という物質が原因で、男女問わず50代頃をピークに発せられる体臭の変化が加齢臭です。
地下室のようなニオイだとか枯草のようなだとか色々な例えかたをされていますが、加齢臭が一般的に女性よりも男性の方がきつく感じられるというのは、ホルモンなどの影響で男性のほうが皮脂の分泌量が多いためだと言われています。

・ミドル脂臭:

汗中の「乳酸」を皮膚の常在菌が、代謝・分解してつくり出される「ジアセチル」という成分が原因で発せられる35~45歳の男性特有の臭いが「ミドル脂臭」です。
女性が不快に感じ嫌がるのは加齢臭よりも、この40代前後の男性特有の揮発性が高く口臭や足のニオイより強烈に感じる成分が原因の「ミドル脂臭」の方だと言われています。

 

「汗臭」・「加齢臭」・「ミドル脂臭」の3つがブレンドされたオヤジ臭の原因、「汗」と「皮脂」そして「酸化」は、臭いが気になる顔と頭では日常的なことですよね。

そうです、3つの臭いがスペシャルブレンドされた「オヤジ臭」漂うミドルなら、おそらく「顔が臭い」・「顔も臭っている」のは間違いないでしょう。わざわざ嗅いで確認してみる必要もないかもしれません。

 

ラボ
大丈夫、もともと俺もスペシャルブレンドだから(汗)

 

顔が臭い原因「汗」・「皮脂」・「酸化」対策は

軽い運動

オヤジ臭の原因が「汗」と「皮脂」そして「酸化」なのは、分かっていただけたと思います。

皮脂の分泌が多いおでこや鼻筋のTゾーンを、夕方にでもティッシュで軽く拭って嗅いでみると臭いがわかるかもしれません。ただ、先程も言ったように自分の臭いには鈍感になっているためわかりにくいと思います。

では、顔が臭い原因の「汗」・「皮脂」・「酸化」にはどんな対策が良いでしょう。

・「汗」の臭い対策

血液から作られた汗のもとが、皮膚表面に分泌されるまでの過程で汗腺での働きによってミネラルなどの必要な成分が再吸収されて身体にとどまることで、残ったの99%水分のサラサラで臭いにくく蒸発しやすい汗、「良い汗」が分泌されています。

しかし、この汗腺の働きが悪いと、ミネラルなどの再吸収が追いつかず、臭いやすく蒸発しにくいべたついた汗、「悪い汗」の原因となってしまいます。

そして「ミドル脂臭」の原因、汗に含まれる「乳酸」は筋肉の疲労物質であり、血液中の「老廃物」、多くなりすぎると「汗」や尿と一緒に体外に排出されるのですが、乳酸には汗腺の中でアンモニアを増加させる働きもあるため、「酸っぱい臭い」の汗を分泌する原因になってしまいます。

汗の元である血液、その中の老廃物で元をたどれば筋肉の疲労物質である「乳酸」を増やさないためにも、また汗腺の機能を鍛えて低下させないためにも、普段から激しい運動はできるだけ控えウォーキングなど軽い運動で代謝を上げて適度に汗をかく習慣をつくることが、臭わない「良い汗」をかくことにつながるため効果的です。

また、普段の食事に摂り入れるなら「抗酸化物質」を含んだ「生姜」がおすすめです。生姜に含まれる辛味成分の「ジンゲロール」は、血行促進や体を温めて脂肪燃焼を活発にする効果から、代謝を上げる作用があり「良い汗」をかいてダイエット効果も期待できるため一石二鳥です。

・「皮脂」の臭い対策

男性はもともと肌の水分維持能力の低さと男性ホルモン(テストステロン)の働きにより、女性の約3倍の量の皮脂が分泌されており、思春期から60歳頃まで男性ホルモンの分泌量に大きな変化がないため、皮脂の分泌量にも大きな変化はありません。

そして気になるのは顔の皮脂ですが、分泌量が最も多い頭皮に次いで多いのが顔で皮脂を分泌する皮脂腺の数自体は、約20万個と顔のほうが多く存在しています。

皮脂の分泌を働きかける役割もあるテストステロン(男性ホルモン)ですが、肉体面だけでなく精神的な面でも重要なの働きを担っているため、規則正しい生活でホルモンバランスを保つことのほうが重要です。

そのため、余分な皮脂の分泌を抑えるためには、正しいスキンケアによって保湿成分を補い水分保持能力を維持して肌の乾燥を防ぐことが必要です。

・「酸化」対策

加齢臭の原因物質「ノネナール」を皮脂腺の中で作り出す元になっているのが、中性脂肪やコレステロールなどの脂質が「酸化」することで生み出される「活性酸素です。

強い酸化作用を持つ活性酸素は、細胞を酸化させ錆びつかせてしまいダメージを受けた細胞は、真皮中のコラーゲンを硬化させ皮膚の弾力やハリを失い「肌老化」の原因にもなります

しかし、活性酸素に対してもともと身体に備わっている「抗酸化力」は40歳前後から加齢とともに低下し、体内で作られる抗酸化酵素の量は年々減少していきます

活性酸素の発生を抑えるためには、・紫外線を避ける・禁煙・ストレスを溜め込まない・激しいスポーツは控え適度な運動・肉類や乳製品を控え脂質や添加物の多い食生活を見直し和食中心の食生活へと改善し、毎日の食事からビタミンCやビタミンE・ポリフェノール類・カロチノイド類などの抗酸化物質を摂取する・質の高い睡眠時間を確保し規則正しい生活を心がけることが大切です。

 

「顔の臭い」対策にバルクオムで積極的なスキンケアがおすすめ

バルクオム

天然素材を中心に男性の肌に必要な成分を追求し、こだわりの成分で作られたバルクオムで基本の洗顔から始める積極的なスキンケアが、顔の臭い対策にはおすすめです。

正しいメンズ洗顔方法

 

 

バルクオムの正しい使い方
やり方しだい!バルクオムの肌効果を最大限に引き出す正しい使い方

ここでは、スキンケアの基本、BULK HOMME(バルクオム)のBASICスキンケアである■ THE FACE WASH / 洗顔料・■ THE TONER / 化粧水・■ THE LOTION / ...

洗顔料(THE FACE WASH)

バルクオムの洗顔料(THE FACE WASH)は弱アルカリ性、生石けんの濃厚で弾力のある泡に配合される栃木県鹿沼市の土からできた「クレイミネラルズ」と「ベントナイト」は、汗や余分な皮脂などの吸着洗浄汚力に優れ、汚れを浮かしてしっかり洗えます。

「グリセリルグルコシド」や、肌に含まれる保湿成分の天然保湿因子を含む「加水分解シルク」など、乾燥を防ぐ美容成分でタオルドライ後の顔のツッパリを防いでいます。

洗顔料(THE FACE WASH)の使い方はこちら

 

化粧水(THE TONER)

バルクオムの化粧水(THE TONER)は、潤いを一定に保つ「トレハロース」や優れた保湿効果の「セラミド」などの美容成分を配合し、タつかずサラッとした感触の使用感にこだわり「低刺激」に仕上げられた化粧水です。

正しい洗顔で、汗や余分な皮脂を汚れと共にしっかりと洗い落とした後は、皮脂でべとつきがちなおでこや鼻筋のTゾーン、首や耳の後ろも忘れず保湿効果の優れた化粧水(THE TONER)で、すかさず水分と保湿成分の補給です。

髭剃り後のダメージを受けたアゴ周りのUゾーンから首にかけて、タップリと化粧水(THE TONER)をつかったスキンケアも乾燥を防いでおすすめです。

化粧水(THE TONER)の使い方はこちら

 

乳液(THE LOTION)

水分と保湿成分をしっかり補給したあとは、すばやく肌になじみバリア機能を助ける働きのある美容成分「スクワラン」の配合された乳液(THE LOTION)で、水分と油分のバランスをとり肌の調子を整えます。

バルクオムの乳液(THE LOTION)は、乳液特有のベタつきを抑えてサラッとした肌なじみですが、肌質によって使う量を数回に分け、少しずづ調整していくのがおすすめです。

乳液(THE LOTION)の使い方はこちら

 

BULK HOMMEのスキンケアで、「顔の臭い・オヤジ臭」しらずの枯れない男を目指してみてはどうですか。

 

 

バルクオムで加齢臭撃退
バルクオムで加齢臭撃退!脂臭が原因のオヤジ臭はスキンケアがマスト

そろそろオフィスや通勤時の満員電車など、周りの人と接近する場面でのニオイ、年齢を重ねた自分の「オヤジ臭」が気になり始めた40代前後や50代に突入した男性は多いのではないでしょうか。 一般的には、首や耳 ...

 

 

-エイジングケア, スキンケア, バルクオム

Copyright© バルクオムでニキビは治るのか?リアルな口コミと効果検証でぶった切る , 2018 All Rights Reserved.