スキンケア バルクオム

バルクオムで紫外線と汗や臭い対策と保湿が必要な夏のスキンケア

更新日:

汗ばむ季節の夏は、海やプール・山や高原の避暑地などリゾートでのレジャーに限らず、日常的な紫外線対策が必要な他、どうしても多くなる汗や皮脂による刺激や肌荒れにも気をつけて手入れする必要があります。

そして忘れてはいけないのが、この夏の季節も肌にとって重要な保湿に気を配る必要があることです。

太陽の日差しが降り注ぐ夏の季節は、空気の乾燥した冬とは違った紫外線の影響を強く受けることで肌が乾燥しやすくなります。

ここでは汗ばむ夏の季節の紫外線の強さと時間帯、汗や臭いの対策と保湿についてみていきたいと思います。

 

バルクオムの公式サイトを確認する

 

季節によって違う紫外線の強さ

年間紫外線グラフ

引用:気象庁「紫外線に関するデータ」

東京都の紫外線の強さを、数値で表したグラフからみると紫外線の強さのピークは7月で、その次に5月、6月、8月となっています。

4月から9月までの約6ヶ月間で、1年間の約8割近くの紫外線が降り注いでいると言われていますが、このグラフからも5月から8月に強く紫外線が降り注いでいるのが分かりますね。

UV-Aの強さが年間通してあまり変わらないこともあり、紫外線の対策は1年間通して必要ですが、UV-Bがピークをむかえる7月では12月や1月の真冬の約4倍以上の紫外線の強さになっています。

日陰や帽子、サングラスに長袖の衣類、日焼け止めを使って積極的に紫外線を避ける対策する必要があります。

 

地域別1年間の紫外線の強さ

日本全国で、東京以外の地域では1年間の紫外線の強さはどうでしょうか。

北海道稚内市:1年間の紫外線の強さ

稚内年間紫外線

引用:気象庁「紫外線に関するデータ」

稚内は東京都比べると流石に紫外線は弱いですね。
そして、冬と夏の紫外線の強さに約10倍も激しい差があることが分かります。
油断できないですね。

 

兵庫県神戸市:1年間の紫外線の強さ

神戸年間紫外線

引用:気象庁「紫外線に関するデータ」

神戸は東京と比べると7月より8月のほうが強く年間平均でも紫外線が若干強めですね。

 

沖縄県石垣島:1年の紫外線の強さ

石垣島年間紫外線

引用:気象庁「紫外線に関するデータ」

石垣島は台湾の台北やドバイより南に位置しているので紫外線の強さは半端じゃないですね。
4月の時点ですでに、東京のピーク7月の紫外線とほぼ同じ強さです。

 

紫外線の強い時間帯

紫外線の強さ時間帯

引用:気象庁「紫外線に関するデータ」

つくば市で7月に計測されたの1日の時間帯ごとの紫外線の強さの平均グラフです。
1日の中で紫外線が強い時間帯は、10時~14時で、この時間帯だけでで1日の紫外線の半分以上を占めていますね。

休日など自由な日ならこの時間帯の外出や屋外での作業を控えるだけでも紫外線対策になります。

 

紫外線の影響を防ぐための対策は

紫外線対策

日常生活で比較的取り入れやすい対策には

紫外線の強い時間帯を避ける。

日陰を利用して避ける。

日傘や帽子を利用する。

袖や襟のついた衣服で覆い肌の露出を避ける。

サングラスをかける。

日焼け止めを上手に使う。 出典:環境省 紫外線環境保健マニュアル2015

1日のうちで紫外線が強い時間帯は10時から14時頃までの間ですが、UV-B(B領域紫外線)は全紫外線量の約10%と少量ながら、散乱光の占める割合が非常に高いため日陰や室内でも日焼けの原因となります。紫外線UV-Bを浴びた肌の細胞内では「加齢臭」やガン・動脈硬化・アトピー性皮膚炎など、様々な病気の原因になる「活性酸素」が発生してメラニン色素を作り出し、紫外線による肌老化の1つ「シミ」の原因となります。

サング ラスやUVカットメガネの使用で、眼への暴露を90%程度カットすることも可能です。色が濃いだけでUVカット率の低いサングラスは、瞳孔が大きく開くことになり、逆に紫外線が多く眼の中へ入 るため悪影響を与える場合があります。

 

バルクオムの日焼け止め THE SUNSCREEN

外出に限らず屋内であろうと日焼けの可能性があります。バルクオムの日焼け止めでの紫外線のガードがおすすめです。

バルクオムの日焼け止めは、肌なじみが良いので塗った直後の白く浮いた感じもスグに消えてサラサラな低刺激、なんといっても汗や皮脂に強いのに石けんでさっぱり洗い落とせてクレンジング不要、日焼け止めが苦手な男性にも使いやすいと評判です。

日焼け止めの成分「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」

市販されている日焼け止めには、主に「紫外線吸収剤」使用と「紫外線散乱剤」使用の2種類があり、2つとも使用している製品あります。

「紫外線吸収剤」の成分は、紫外線の防御力は高いですが、皮膚の表面で紫外線を吸収し、熱に変えて発散するので肌への負担が大きいことと、効果の短さがデメリットとなります。

一方バルクオムの日焼け止めサンスクリーンは、紫外線吸収剤を使わずに肌の負担が少ない成分の酸化チタンを「紫外線散乱剤」として使用しているため効果も長持ちします。

しかし、紫外線散乱剤に使われる酸化チタンは安全な材料なのですが、紫外線があたることで「活性酸素」を発生させるため、人によっては肌への刺激となる場合があるといわれています。

バルクオムの日焼け止め■ THE SUNSCREENSPF40PA+++

バルクオム 日焼け止め 画像:BULK HOMME

他のバルクオム製品と共通配合の美容成分に加えて配合される成分の「アーティチョーク葉エキス」が紫外線によるシミやシワなどの光老化から肌を守ってくれます。(※ アーティチョーク葉エキスには、肌のメラニン色素の生成を抑える効果や毛穴を目立たなくする働きがあります)

また、肌に優しい「石油系界面活性剤」「シリコン」「紫外線吸収剤」フリーなので、様々な生活シーンで毎日使うことができます

バルクオムの日焼け止めサンスクリーンは、紫外線吸収剤を使わず肌の負担が少ない成分の酸化チタンを紫外線散乱剤として配合しているので効果も長持ちします

使い方は ・パール1個分程度を手に取り、顔全体に均等になじませます。
・手に残ったら、首筋から胸元、肩にかけた部分に使用してください。

SPF』の表示はUV-B(紫外線B波)を防ぐ効果の指標で最大50+、数字が大きいほどUV-Bを防ぐ効果が高いということになりす。

PA』の表示はUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果の指標で最大PA++++の4段階表示、+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高いということになりす。

バルクオムの日焼け止め THE SUNSCREENはSPF40PA+++ですから、散歩や買物などの普段遣いから炎天下でのレジャーやリゾート地でのマリンスポーツなどの長時間、強い紫外線を浴びる過酷な条件下まで効果を発揮し、様ざななシーンで幅広く使えるサンスクリーンです。

紫外線と汗や皮脂の肌への影響は

日常的に浴びている全紫外線の約90%を占めるUV-A(A領域紫外線)は、肌の角質層や表皮を通り抜け、奥深くの真皮にまで到達して真皮中の繊維芽細胞を傷つけコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する能力を低下させてしまい肌の保湿能力は低下して乾燥しやすくなります。

汗をかきやすい夏場は、特に皮脂でべたつく顔の汚れや汗のニオイが気になるからと、一日に何度も洗顔料でゴシゴシと洗いすぎてしまうと肌は乾燥しています。
洗顔のし過ぎは肌に必要な皮脂や角質を落としすぎ、肌に過剰な刺激与えることになるため、バリア機能の低下、ターンオーバーが乱れる原因になり、やはり乾燥しやすくなります。

体中の汗腺から分泌された「汗」と皮脂腺から分泌された「皮脂」とが混ざり合い、皮膚の常在細菌によって代謝・分解されることで不快な臭い「汗臭」が発生します。

肌の表面で酸化した「皮脂」そして「汗」に含まれる「乳酸」を皮膚の常在菌が、代謝・分解して発生する物質「ジアセチル」が原因で「ミドル脂臭」が発生します。

そして、皮脂腺の中で分泌量が増加する「脂肪酸」と、中性脂肪やコレステロールなどの脂質が体内に発生した「活性酸素」によって「酸化」されて生み出された「過酸化脂質」が結びつくことで、分解・酸化されて急激に「加齢臭」が発生します。

 

汗ばむ季節にバルクオムの洗顔から始めるスキンケア

バルクオムの洗顔から始めるスキンケア

紫外線の強い汗ばむ夏の季節は、過剰に分泌された皮脂や汗、ホコリなどの汚れを肌に余分な刺激を与えない正しい洗顔方法で洗い落とした後、しっかりと保湿することが大切です。

天然素材を中心に男性の肌に必要なこだわりの成分を追求して作られたバルクオムで基本の洗顔から始める積極的なスキンケアが、乾燥してべたつく顔の臭い対策におすすめです。

正しいメンズ洗顔方法

 

バルクオムの公式サイトを確認する

 

メンズ洗顔の正しい方法
男は洗顔方法を正しく直すだけ!バルクオムのメンズ洗顔スキンケア!

多くの男性にとっての洗顔とは、気がついたら毎日やっていた生活習慣であり、 汗やホコリなどの汚れや余分な皮脂を洗い落とすことが目的の洗浄なんではないでしょうか。   おそらく、ほとんどの男性が ...

 

紫外線を浴びた肌にバルクオムで汗対策と保湿ケア

日焼けを繰り返し、ほとんどメンテナンスや継続的な手入れのされないまま年齢を重ねた男性の肌は、ダメージを受け続けてきた分これからトラブルも多くなります。

全紫外線の約90%を占めるUV-A(A領域紫外線)は、急激な影響が少ない代わりに時間を掛けて少しずつ身体へ悪影響を及ぼしシワやたるみなどの原因をつくり肌細胞を老化させていきます。

また、全紫外線量の約10%と少量のUV-B(B領域紫外線)は、細胞内で「活性酸素」を発生させてメラニン色素を作り「シミ」の原因となる他「加齢臭」や様々な病気の原因もなります。

加齢による肌の衰え(肌老化)を遅らせるための様々な対策が「アンチエイジング」ですが

紫外線による「光老化」や「活性酸素」による酸化ダメージを受け続けてきたミドルの肌には、保湿成分を補うなどの保湿ケアを含めたエイジングケアが必要です

紫外線によるダメージ:汗や皮脂・臭いにバルクオム

BULK HOMMEは、全ての製品に天然素材を中心にこだわり抜いた7つの共通成分豊富な美容成分を惜しみなく配合して作られています。

 

バルクオムの公式サイトを確認する

 

抗酸化に優れた成分「リンゴ幹細胞エキス」

4ヶ月間腐らない『奇跡のリンゴ』と呼ばれるリンゴからとり出した「幹細胞」を培養、抽出したのが「リンゴ幹細胞エキス」で、高い「抗酸化」作用やアンチエイジングの効果が期待されます。

バルクオムには、洗顔料化粧水乳液をはじめ全部の製品にこの抗酸化」能力の高い「リンゴ幹細胞エキス」が、配合されています。

保湿と美白のグリセリルグルコシド

グリセリルグルコシドは、酒造メーカーの白鹿が発見した日本酒由来の希少な美容成分で、優れた保湿効果とメラニンの生成を抑制する働きがあり、シミを防ぎ美白効果も期待されています。

保湿と抗炎症作用のユズ果実エキス(ユズセラミド)

ユズ果実エキス(ユズセラミド)は柚子から抽出されたエキスで、天然フルーツ由来のセラミド成分「グルコシルセラミド」を含み、植物系セラミドの中で最も人の角質セラミドに近く、肌の細胞間脂質を整え水分保持力とバリア機能を高めてエイジングケアの効果と抗炎症作用とが期待される成分で、紫外線ダメージを受けた肌のアフターケアには最適です。

その他の共通成分

その他の全商品共通成分として以下、4つの成分が配合されています。

■ 玉造温泉水(美肌):島根県出雲市の日本最古の美肌の湯「玉造温泉」その優れた泉質は、硫酸塩・塩化物泉 PH8.4 の低張性弱アルカリ泉で、アンチエイジング・保湿・クレンジングといった美肌効果が期待されるといわれています。 玉造温泉の優れた美肌効果とは

よく温泉に入ると肌がつるつる・すべすべになるといいますが、それは玉造温泉などの弱アルカリ泉の泉質には、古くなった角質を溶かして剥がし、肌がつるつる・すべすべになる「ピーリング効果」があるためです。

■ 加水分解シルク(保湿):保湿作用が期待される成分で、肌や髪に対する吸着性や浸透性に優れた天然のタンパク質です。

■ チャ葉エキス(整肌):植物由来の殺菌・保湿・消臭効果をもつエキスで、抗酸化作用や肌を引き締める効果が期待されます。べビローションなどにも多く使われる成分です。

■ セイヨウシロヤナギ樹皮エキス(整肌):セイヨウシロヤナギの樹皮エキスは消炎作用鎮痛効果効が期待される成分です。

フローラルフルーティーの爽やかな香り

バルクオムには、男性100人へのブラインドテストで1位になったフローラルフルーティーの香りが、全製品に配合されています。ほんのり甘みのある爽やかな大人の香りで男性はもちろん、女性にも好まれる香りです。

無防備な日焼け後の手のにはハンドクリーム THE HAND JELLY

いつもむき出しで顔以上にハードに扱われている手は、もともと皮膚が薄く乾燥しがちです。しかも、肌老化が表れやすく年齢をごまかせない手は日頃から、顔以上に見られチェックされています。

日焼けしたあとは、日常以上に水分蒸発した手にハンドクリームでの保湿ケアが大切です。

バルクオムのハンドクリーム THE HAND JELLY は、べたつかない使用感で水分をしっかり角質層に浸透させ保湿してくれるのでおすすめです。

 

BULK HOMMEで紫外線をガード、そしてダメージケアしてみてはどうですか。

 

バルクオムの口コミはこちら

 

 

バルクオムの日焼け止めはメンズにおすすめ?
バルクオムの日焼け止めはメンズにおすすめ?口コミや成分から徹底解析

紫外線による日焼けは、深刻な影響を与え続け40代以降の男性の肌にシミやたるみなどの肌老化だけでなく「活性酸素」を作り「加齢臭」を発生させるなど、老化現象として表れます。 あなたもさすがに、今までのよう ...

 

 

 

おすすめ記事

40代のオヤジ臭 1

男40代、30代頃から自分でも気になってはいたものの、そろそろ通勤の満員電車やオフィスへ向かうエレベーターなどで、 背後や周りの反応が気になって無視できなくなっているのが、年齢を重ねた自分の身体から発 ...

バルクオムの乳液で髭剃り 2

どんなに時間がなくて忙しくても、サボったり手を抜けないのが、男の身だしなみであり社会人としてのマナーでもある髭剃り。 一般的な会社にお勤めの方なら、「なかなか剃らずに出社するわけにはいかない」のが現実 ...

バルクオムの化粧水は40代の乾燥した男の肌に保湿効果は? 3

乾燥して肌荒れを起こした顔は、いつも皮脂でがち、毛穴の黒ずみや繰り返すニキビ、カサカサつく肌に赤ら顔。 ドラッグストアで買ってきた男性用の化粧水やローションでケアはしているはずなのに、 良くなるどころ ...

メンズ洗顔の正しい方法 4

多くの男性にとっての洗顔とは、気がついたら毎日やっていた生活習慣であり、 汗やホコリなどの汚れや余分な皮脂を洗い落とすことが目的の洗浄なんではないでしょうか。   おそらく、ほとんどの男性が ...

バルクオムでエイジングケア 5

雑誌やSNSで話題にされることの多いBULK HOMME(バルクオム)は、男性に比べもともと美肌やエイジングケア への意識が高い女性達 が羨むほどの美容成分が贅沢に配合されています。 スキンケアの基本 ...

-スキンケア, バルクオム

Copyright© バルクオムでニキビは治るのか?リアルな口コミと効果検証でぶった切る , 2018 All Rights Reserved.